3週間に1度のルーティン

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」
こんばんは。
3週間に1度のルーティンで髪を切りに行ってきました。
いつもうるさいからか、繁盛店なのに誰もお客がいないところで髪を切られています。
僕の友人のお店に来るどんな髪型にしようかと迷うのに1時間、その後も何やかんやで4時間も居座る老害の温泉副社長とは違って直ぐに終わります。
だって、希望も要望も聞かれませんし値段ももちろん知りません。ただただお金を集金されている感じです。
今日はポイントが1年分貯まっていたので10,000円分買い物できる日だったんですが、僕が1年に2回断食するのを知っているからと勝手に酵素ジュースにされました。
キッカリ10,000円分しか商品に使えないので、足りない分は今日も勝手に料金に加算されていました。
僕には選択の余地がないというよりも、取り付く島もないってやつです。
素晴らしいローカルルールの極致だし、知らない人ならば裁判沙汰か暴力沙汰です。
でもたぶん良い店だと思っている

株式会社 盛岡八幡家守舎

代表 及川淳哉 なんです。

誰か僕の目を覚ましてください。
日本人って習うより慣れろって人種ですからね。
ここからお知らせです。
今日も満員御礼の

Eyelash room 雅凪-かなぎ-

ありがとうございます。

年内で余裕を持って案内できる日は12月24日しかありません。
あとは、空いていたとしてもギリギリ1枠取れるか?って感じです。
このままだとアナザーちゃんこと

高橋 ゆきえ

氏がぶっ倒れるんじゃないかと心配ですが、せっかくなんでホットペッパーで僅かなスキを見つけて予約してください。

お待ちしております。
もうひとつだけお知らせです。
4月1日から4月30日まで八藝舘で開催される

Yukoロルフィング – 筋膜を整える in 岩手 / ベルリン

主宰者

Yuko Sato氏より新しい動画とメッセージが届きました。
以下、Yuko氏
『我々ロルファー(ロルフィング施術者)の仕事は、人間の身体に存在している事実を、事実として接することを身につける事である。それは、名称に接する事ではなく、名称の知識でもなく、抽象的なパターンの知識でもない。』by アイダ・ロルフ博士(1896-1979)
病名、症状、パターン、などの名前のみで考慮するのではありません。目の前にいる『その人の身体』に起きている事実に接する事、その人全体を聴く事、捉える事によって、その人の身体が本当に必要としているものは何かを見極めていきます。
ご予約とお問い合わせは、Yuko氏のFacebookページかインスタにDMをお願い致します。
最後になりますが、
第3回

八幡ともしび横丁

のポスターとチラシ配りで来週の月曜日に近隣の学校等に行ってきます。

今年の主催ももちろん

もりおか八幡界隈まちづくりの会 – 盛岡 Morioka Hachiman,Iwate

なので、会長の

大石 仁雄氏も同行します。
っていうより、僕が大石さんのお供の小僧です。
来週から第3回八幡ともしび横丁も本格的に動き出しますので忙しくなりますので、飲み過ぎたり風邪を引いたりしている場合じゃないんですが時期が時期だけに気を付けなければなりません。
今年は何もしなかった感があるので、せめて忘年会くらいは盛大にやりたいと思っています。
次の日に死亡するパターンで全てを忘れるくらいにです。
あとでイベントページを立ち上げます。
ではまた明日。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL