弘前パークホテル

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」
「青森編2日目」
こんばんは。
弘前パークホテルの朝食は本当に美味しいし、朝食時に聞いた

Ryo Kanezaki氏の弘前の夜にMax Bet で臨んだ姿勢があまりにもオイシクて最高の朝食だった
株式会社 盛岡八幡家守舎

代表 及川淳哉 です。

独身男性4人で展望レストランの朝食でした。
このままじゃイケナイと全員思っているはずです。
弘前での常宿のパークホテル(嬢宿ではない)を10:00にチェックアウトして、貸し切り温泉を予約をしていた

嶽温泉 山のホテル

に向かいました。

車の中では全員シラフですので、冷静に昨夜の問題点と次回に繋がる前向きなミーティングをしていました。
山のホテルに予定通りと思って到着した時間が1時間前だったんですが、なんとかお願いして貸し切り温泉も食事も1時間前倒しでやっていただきました。
写真で分かる通りの最高に贅沢な温泉時間を過ごしました。
もちろん入浴料は、男気ジャンケンでした。
写真を撮ろうとしたら嫌がっていた人に写真を撮られてしまいましたが、最高に幸せな顔をした良い写真です。
1時間じゃ長過ぎると言っていた人が1番の長風呂で、温泉に入るのに難色を示していた人が「こういう時間は必要だ。」と言っていたりと、全力で自分勝手な日本人たちでした。
ただ1人、朝からお風呂を懇願していた人は瞑想するように入浴しておりました。
汚れも穢れも全て嶽温泉に流して、独身男性4人はまたぎ料理の釜飯セットを食べに行きました。
朝食から3時間後くらいで、お腹いっぱいで食べれないと言っていた人も余裕で食べれるくらいヘルシーで美味しいまたぎ料理でした。最高です。
この代金ももちろん男気ジャンケンで、最も男気のある人が支払いました。
そして午後は岩木山の麓から青森市に向かいました。
青森県に来た時は鍛冶町と同じように毎回行ってる青森県立美術館に行きました。
もちろん、ここの入場料も男気ジャンケンです。
僕は男気が足りていないらしく負け続けていましたので、男気でいっぱいのメンバーにばかり払っていただいていました。ありがとうございます。
美術館で独身男性4人は頭を使い過ぎたようで、昼食後3時間で全員空腹になってしまい、せっかく青森に来たんだからと味噌カレー牛乳ラーメンの

味の札幌大西

に行こうとなりました。

マズいって言ってたの誰だ。
普通に美味しかったし、また食べたいです。
ここも男気ジャンケンで払う人を決めています。
賭け事をしない最高なギャンブラーの集まりです。
食後は観光とお土産を買いにアスパムに行きました。
さすがにお土産で男気ジャンケンはしなかったけどね。
その後は高速道路をぶっ飛ばして盛岡に戻りましたが、

佐々木 陽一

氏に運転を任せて全員眠ってしまうという人でなしの所業をしてしまっていました。陽ちゃん、ごめんなさい。

そして盛岡に到着後は、ライブ動画配信通りの反省会という名の飲み会を繰り広げておりました。
昨夜は、夜中の1:00 を過ぎた時点で強制お開きにしました。月曜日は僕が忙しい過ぎるので、過労死防止のためです。
この2日間は、遊んだ遊んだ遊んだ遊び回ったよ。最高の時間でした。
独身男達の旅はまだまだ続きますので、次回は秋に函館からお届けします。
お楽しみに〜
では、また明日。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL