情報交換

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」
こんばんは。
よく考えたら、赤ずきんちゃんって恐ろしく残酷な話しだって分かってしまったので、プレゼントするのに躊躇している株式会社 盛岡八幡家守舎 代表 及川淳哉 です。
登場人物を代えたら北斗の拳よりインパクトがある話しになりそうです。
そんな日曜日に、事務所で用事を済ませてラドン岩盤浴に行こうと車を走らせていたら、

Eyelash room 雅凪-かなぎ-

のアナザーちゃんこと

高橋 ゆきえ氏から、八藝舘の見学に素敵な女性が来ていますと電話が来たので、ながら運転のPokémon GOを閉じて八幡町まで急ぎました。
八藝舘に到着すると、アナザーちゃんがしっかりと接客と案内をしていてくれましたので、Yuko Sato氏とリラックスしながら情報交換ができました。
アナザーちゃん、本当にありがとうございました。今度、ランチでもご馳走させてください。
Yuko Sato氏は、ベルリン在住の盛岡出身の方で
Yukoロルフィング – 筋膜を整える in 岩手 / ベルリン

の代表です。

コロナ前から盛岡に帰省していて、1ヶ月単位で借りられるシェアオフィスかコワーキングスペースを探していたそうです。
僕もコロナちゃんのおかげでギャラリーを使用するイベントが7月くらいまで全てキャンセルになってしまっていたので、捨てる髪はありませんが、拾う神が居てくれました。ありがとうございます。
詳しくは、彼女がこれから日本語のページを作成して発信していくそうですので、そちらからよろしくお願いします。
ROLFING 自体初めて聞く言葉だし、盛岡初登場のロルフィングについて今日は詳しく聞くことができましたので最高でした。
明日は実際に施術していただきますので、明日に詳しく書けると思います。お楽しみに。
ここでお知らせ。
今日は最高のキラーパスを出してくれたアナザーちゃんが任されている Eyelash room 雅凪-かなぎ- は、今日も予約で忙しそうでした。
素晴らしいホスピタリティーを持っているスタッフが居るお店であれば当たり前に忙しいですよね。
そんなEyelash room 雅凪-かなぎ-のホットペッパー
6月26日金曜日から八藝舘で、

Kirkas nail

盛岡店が始動します。

まつげとネイルの同時施術希望の方も、まつげとネイルのどちらかの希望の方もホットペッパーで予約をお願いします。
6月26日は

Yukie Takahashi

オーナーの遺伝子を継承している、赤髪とスケーターはもう卒業しました。の、ゆかりんこと

高橋 ゆかり氏がKirkas nail 本店からネイルの施術に来てくれます。
お楽しみに。
最後になりますが、今日は父の日ですね。
一応、父親なんですが、前妻からしたらただの貯金箱になっているようで、息子にも会わせてもらえないし悲しすぎるので、僕と息子の話じゃなくて僕と父親の話にします。
僕は震災が来るまで父親を嫌いでした。大嫌いでした、もちろん母親もです。大嫌いというか憎んでいました。
沢山の理由があってそれが絡まってこんがらがって、何で憎んでいたのか今となってはどうでもいいんですが、本当に嫌いでした。
でも、許しました。
その理由を書きます。
僕の両親は石巻に住んでいるし、ご存知のように僕は盛岡に住んでいます。
石巻は、僕の地元なので当たり前のように盆暮れ正月は帰省します。
そうなんです。
久しぶりにしか会えないので、両親は会うたび老けこんでいくんです。
そんな感じで両親が老けこんでいくなあ、と実感したら東日本大震災がきたんです。
3月11日は金曜日でした。
ずっと連絡が取れないままテレビでは毎日津波の映像と行方不明の人と亡くなった人の名前ばかりで、翌週の水曜日くらいに僕の家族はきっと全滅したに違いないって思った。
泣くことも騒ぐこともなく受け入れることができました。
ちょうど1週間たった木曜日に父親から全員無事だと電話が来ました。
もう、全滅を受け入れていたので喜ぶこともありませんでしたが、震災から2週間後に石巻の避難所まで両親を迎えに行って顔を見たときに、全てを許しました。親孝行しようと思いました。
アイツら津波で生き残ったからって、100歳迄生きて石巻市から金を貰うと張り切って毎日毎日好きなことだけやって無駄遣いばかりしてるけど、3人もの悪タレ馬鹿息子を育てたんだから、もっと好きな事ばかりやっていいと思う。誰1人として立派にはなってないけど。
持ってるお金は全部使って死んでください。
そうじゃないと、長男と三男で醜い争いをしますから。
そんな醜い争いを見たくないんであれば、あの2人より長生きしてください。僕はそれを切に望みます。
父の日なのに、お父さんはきっと今日も朝の9:00からパチンコ屋に出勤していたんでしょうね。
死ぬまでやってください。もしくは麻雀放浪記のようにパチンコのレバーを握ったまま死んでください。
悪口を言ってしまいそうなので、そろそろ終わりにします。
長生きしてください。
僕が満足するほど親孝行できたら、もう死んでいいんじゃない?って言うので、それまでは一生懸命に好きなことをやって生きてください。
お盆に帰ります。 淳哉より 

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL