第3回八幡ともしび横丁の注意事項

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」
こんばんは。
八幡ともしび横丁

まで、あと5日に迫ってきました。

明日と明後日はキャンドルワークショップまだ空きがありますので、希望の方は予約をしていただけると大変助かります。
予約と問い合わせは、019-656-6738 までお願いします。
2月11日は駄菓子屋しんちゃんもやっています。
そして2月13日八幡ともしび横丁当日には、駄菓子屋しんちゃんでお馴染みの

戸澤 伸一氏が本業パティシエの本気を出して、写真のような八幡ともしび横丁キャンドル風に瓶ティラミスを作り販売します。
個数は限定になるようだし、ティラミス大好きな僕は大人気なく買い占めようと思っていますが、12:00には開けていますので、早めに八藝舘に来れば買えると思います。
もしくは早めに来て遊んだりお酒飲んだりしててください。
第3回八幡ともしび横丁の注意事項を書いていませんでしたので書いときます。
八幡ともしび横丁はキャンドルを作っていただいた方全員が主催者となりますので、一人一人が責任を持った行動でお願いしております。
なので事故や怪我等は全て自己責任でお願いします。子供や老人の事故や怪我等でも自己責任か家族で解決をお願いします。
反社会勢力に属している者、または反社会勢力に属しているものと考えられる者、タトゥーや刺青の類が洋服から出ている者、参加者やスタッフを威嚇するような態度をとる者、泥酔して参加しようとする者、スタッフが迷惑と感じると思う者は、八幡ともしび横丁本部になる八藝舘には一切入場することはできませんし、もちろん八幡ともしび横丁に参加することも厳禁です。
申し訳ないとも思いませんが、身なりや雰囲気で判断することもあります。
ちょっと厳しい感じもしますが、誤解のないようにもん切り型で書かせていただきました。
何でここまで厳しく書くかというと、寒い中500円握り締めて八藝舘までわざわざ来てくださった皆さんの時間を無駄にするようなことはできませんし、苦労しながら続けてやっと3回目までできた八幡ともしび横丁を今回で終わらすわけにはいかないんです。
これが守れれば、八幡ともしび横丁をずっと続けていけると思っています。
変なのが1人でも来てしまうと、変な噂も立つし、もう来なくなる人が出てくるからです。
だから禁止です。絶対に禁止です。
最後になりますが、八幡ともしび横丁キャンドルワークショップの為に僕が八藝舘を無料で開放してやるのはいつまでできるのかな?って考える時がたまにあります。
とりあえず、僕が関わっている間は変なのは来ないと思いますが、僕が引退したあとは正直言って心配です。
盛岡八幡宮の秋祭りを見ていただければ解りますが、とあるお祭り団体参加者が毎年毎年減少しています。
理由はすごく簡単です。
変なのと半グレが多く参加しているからです。
そんなのばっかり集めていたら普通の人は参加しません。半グレが連れて来れるのはせいぜいクォーターグレくらいです。そんなところに自分の子供や家族は参加させたくないですからね。
その逆もあるんですが、意識高そうにして身内ノリでともしび横丁や八藝舘を占拠するのも禁止です。最近は八藝舘に来なくなった身内ノリの激しい人種は知らない人を排除する傾向にあるので、他人と世の中をナメ切ってる協調性の無いのもダメです。
そんなのを見てきたので、八幡ともしび横丁はクリーンにやっていきますし、参加者全員に優しく出来るようなイベントにします。
とくに子供連れやお年寄りには優しくします。
かなりどぎつい話しになってしまいましたが、今まで関わってきたお祭りやイベントをみたり、八幡ともしび横丁を運営してきて、これはない方がいいなと思ったことを書きました。
   
そんなことよりキュンキュンしてえ。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL