ランチミーティング

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」
こんばんは。
会社の外でタバコを吸っていたら、知り合いが通りかかったので挨拶をしようとしたら笑顔で「こんな寒い中でお腹がいっぱいになる訳でもないのを吸って大変ねえ。」なんて軽く心配されたので、「アンタの顔見ても胸がいっぱいになる訳でもねえんだがらおあいこだべ。」と、心の中で軽く引き分けにしてやった

株式会社 盛岡八幡家守舎

代表 及川淳哉 です。

他人の口を閉ざすことは誰にも出来ないんだとしみじみ感じながら日本が銃社会でなくて良かったと思えました。
この悪天候の中でありがたいことに仕事の話が多くて最高です。多分、年末までに過労死します。
今日はビジネスパートナーの女帝とのランチミーティングでした。
 
 
紹介しようと思っていた
佐藤 林太郎氏と
阿部 拓磨氏も同席してのミーティングでしたが、彼らにとってたいへん刺激的な時間になったと思っています。
今日は女帝のランチを食べる様子をパチリとしましたが、25年間で初の試みです。最高ですね。
ここからお知らせです。
Eyelash room 雅凪-かなぎ-

、今日も満員御礼でありがとうございます。

来年こそは予約を取っていらっしゃってくださいね。お待ちしております。
Yukoロルフィング – 筋膜を整える in 岩手 / ベルリン

主宰者

Yuko Sato氏よりクリスマスverの動画とメッセージが届きました。
以下、Yuko氏
[ドイツの風物詩④]
ドイツのクリスマスは、家族や親戚が集まって過ごす、というのが一般的です。日本でいうお正月のような感覚です。そして、食卓には手の込んだ料理が並びます。ちなみに普通の日の夕食は、アーベント・ブロート(直訳:夕方のパン)という呼び方もあり、暖かいものは一切作らず、冷たいパン、チーズ、ハムで済ませる人も少なくありません。
ドイツの主食はじゃがいもとパンで、お肉がよく食べられます。クリスマス定番のメニューといえば、ガチョウやカモのロースト、フリカッセ(シチュー)、ドイツの伝統料理クヌーデル(じゃがいも団子)、紫キャベツとりんごの煮込み、芽キャベツなどがあります。下処理や準備に時間がかかりますが、一工程ずつ丁寧に行うと、味には歴とした結果が現れます。
ロルフィングで、10シリーズが存在するのは、一工程ずつ丁寧に行う事によって、全身を根本から見直す為であり、その過程が結果に繋がります。
ご予約とお問い合わせは、Yuko氏のFacebookページかインスタにDMをお願い致します。
最後になりますが、寒い季節は鍋とお風呂に限ります。
お風呂には毎日入っていますが、冬がやってくると毎日毎日死に物狂いで鍋が食べたいです。もちろん痩せたくて鍋を食べているわけではないですが、野菜をいっぱい食べれるし、肉も野菜もバランスよく食べれるので自然に痩せます。
なんか、ダイエットの先生みたいだからまた明日。
まあ、夜逃げしたエステティシャンみたいに太っていないから説得力はあるよね。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL