及川ゆで太郎

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」
こんばんは。
会う度会う度いつも仕事を忙しくしていると言っている映像クリエイターの

佐藤 林太郎

氏を無理矢理誘ってお昼を食べてきました。

   
「とても寒いし、寂しい男2人なので温かいものを食べに行こう」という結論を勝手に出していた

株式会社 盛岡八幡家守舎

代表 及川淳哉 です。

そろそろ及川ゆで太郎に改名手続きをしようと思っていると言ったら、〜太郎は林太郎氏の専売特許だと理不尽な難色の示され方をしたので、車の中で気不味い空気が漂っていました。
「どこに連れて行くんですか?」と不安そうな林太郎氏には聞く耳を持たずに、あまりにも気温の低い盛岡市だったため豪めんに行ってきました。
盛岡では有名なニセ二郎系ってやつです。
僕にとっては、そんなことどうでもいいし旨けりゃ良いんですけどね。オマエはどうなんだよって感じですし、最近ゆで太郎と結婚するんじゃないかというくらい蜜月が続いていたので、とにかく体に悪い物を食べたかったんです。
ここからお知らせです。
本日も満員御礼の

Eyelash room 雅凪-かなぎ-

ありがとうございます。

ちなみに明日も満員御礼です。ありがとうございます。
今のところ明後日は空きがありますので、急いでご予約くださいね。
Eyelash room雅凪-かなぎ-のホットペッパーはこちら
Eyelash room雅凪-かなぎ-では、1名だけアイリストを募集しております。
チーム

Kirkas nail

の一員になるまたとないチャンスです。

Kirkas nailホームページからお気軽にお問い合わせください。
サロン見学してから、

Yukie Takahashi

オーナーの話しを聞いてみてください。

絶対におススメです。
もうひとつだけお知らせです。
4月1日から4月30日まで八藝舘で開催される

Yukoロルフィング – 筋膜を整える in 岩手 / ベルリン

主宰者

Yuko Sato

氏からの動画とメッセージを紹介します。

以下、Yuko氏
ブランデンブルグ門。
ドイツ東西の”分離と統合”のシンボルとして、ドイツのユーロ硬貨の裏面に彫られています。
動画にあるように、西側と東側の風景はちょっと違います。
西から東へ門をくぐり、昨日の動画に登場した、プレンツラウアーベルク地区にある診療所に向かいます。
1788年に、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の命によって古代ギリシャ風で建設。
もともとは、関税門のひとつです。
第二次世界大戦後、東西ベルリンの境界線が門のすぐ西側に引かれ、門は東ベルリン側に。
1990年~2000年代にかけて、門の周辺では大使館やホテルなどの再建が進み、今や門はベルリンを代表する観光地となっています。
身体でいうと、カラダの右と左、前と後ろ、中と外、は違いがあると同時に繋がっていて、バランスが大切です。
という、イメージ動画でした。
最近ありがたい事に、インスタからのDMで予約を頂く事が増えました!
こちらのリンクからお気軽にお問い合わせください。
最後になりますが、2枚目の写真は豪めんを食べた後の変わり果てた僕の姿ではなく取引先の保険会社の担当者

豊嶋 渉

氏です。

体重は軽く100kgを超える巨漢です。
仕事は全く出来ないけど、必ずコンビニで自分の食べたいスイーツを買ってくる自分勝手な役立たずですが可愛がっています。
髪を切りに行って失敗したと嘆いていましたが、前回との違いが判りませんので放っておきました。
宿題を出したので、また来週の火曜日に来るそうですが、こんな素直で伸びしろしかない若者がいる保険業界が良くなって行くことを願っています。多分、無理だけどね。
ではまた明日。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL