帰省しております。特別編

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」
「今日から石巻に帰省しております。特別編」
こんばんは。
車のガラスに岩手県から来ています。と張り紙で告知しようと思っている

株式会社 盛岡八幡家守舎

代表 及川淳哉 です。

宮城県より岩手県の方がコロナ感染者が断然少ないので、滞在期間中はアピールしまくろうと思っています。
だがら何よ?っていうクレームも同時に募集をかけようと思っています。
お盆に帰れなかったリベンジ帰省しております。
朝イチで

コツコツラーメン三十六番

で朝ラーやって石巻に帰ってきました。

 
お昼は牛たん利久石巻山下店で安定の石巻ルーティンです。実家の近所なので。
夜に食べてきたのは明日にアップします。
皆んなでヨダレ垂らして待っててくださいね。
ここからお知らせです。
今日も満員御礼の

Eyelash room 雅凪-かなぎ-

、ありがとうございます。

最短で9月29日のご案内になります。
1週間後まで確実に予約は取れませんので、ホットペッパーを確認の上で申し込んでくださいね。
Eyelash room雅凪-かなぎ-ホットペッパーはこちら
Eyelash room雅凪-かなぎ-リクルート情報は

Kirkas nail

ホームページからお願いします。

もうひとつだけお知らせです。
4月1日から4月30日まで八藝舘で開催される

Yukoロルフィング – 筋膜を整える in 岩手 / ベルリン

主宰者

Yuko Sato

氏から動画とメッセージが届きました。

以下、Yuko氏
『マッサージとロルフィングの違い』
『マッサージ』:筋肉のコリを狙って、辛い・痛いその部分をほぐしていきます。受動的に施術を受けます。
『ロルフィング』:筋膜のコリを見つけ出し、辛さ・痛みの原因を解放します。能動的に施術に参加します。
良し悪し、という事ではなく、違うものである、という観点からご一読頂ければと思います。
ロルフィングはオステオパシーを基礎としています。そのため、解剖生理学や病理学への理解が前提になっています。
カラダ全体のバランス、を調整していくという事は、クライアントさんの身体的な変化はもちろん、思考的、感情的な変化に寄り添えるように、多方向からアプローチします。
そのため、ロルファー(ロルフィング師術者)の資格を獲得する過程では、”人”について多方向から学んでいきます。解剖生理学、運動学、心理学、触診手技、タッチ、は基本。そこに、重力との関わり、その人に適した触り方を適応する能力(タッチの多様性)、その人に合った間合いの認識(バウンダリー)、ムーブメントワーク(動作)、ポリウェーガル理論などについて、約750時間をかけて理解を深めていきます。これがロルファー全員のベースですが、新たに発見されたケース・手法は毎年山ほど生まれますので、アップデート講習を受け、常に多様な見方ができる様に精進します。
なぜ? 1人として、全く同じ人は存在しません。そして、常に変化しています。不調の原因は千差万別です。病名・症状のみで振り分けず、あなたのカラダが必要としている事を探し、一緒にカスタマイズしていきます。
最後もクソもないくらいに眠いし石巻にいるので探さないでくださいね。
ではまた明日。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL