相談するなら本気で来い

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」

こんばんは。
ラドン岩盤浴明けなのでプリプリほっぺな51歳が盛岡市八幡町からお届けしています。
女性は美魔女と呼ばれますが、男性は何て呼ばれるのでしょうか?大体、魔女って魔法かけて変身しているから、実際はシワシワ婆さんじゃないのか?って疑われているんじゃないのかと心配な株式会社 盛岡八幡家守舎 代表 及川淳哉 です。
息子が3歳の時に僕の真似して曾祖母をバアサンと呼んでしまい親戚中が凍りついていました。
離婚の原因はこれですね。

ここで話しは変わります。
今日のお昼は時間がないので、近所の freebird に初ランチに行ってきました。


夜しか行かないフリバですが、ランチも良かったですよ。写真は、サービスのサラダしかないけど。
手作りドレッシングと手作りマヨネーズのおかげで野菜好きが爆発してしまい3皿もサラダを食べてしまったので、オーダーしたちょっぴり大盛り辛いナポリタンを後悔しながら食べました。美味しかったけど。

オマケに手作りマヨネーズって美味しいね。マヨ好きの僕も罪の意識なくたっぷりつけて食べまくりました。
あまり誉めると店主が調子に乗りそうなので、このくらいにしときます。
本当に美味しかったから行ってみてちょうだい。

またもや話しは変わります。
14:00からKirkas nailEyelash room 雅凪-かなぎ-オーナーYukie Takahashi氏とミーティングでした。

 
今までで1番内容の濃いものになりました。けっこう厳しめなアドバイスをしたからか、怒りを鎮めるためか、勝手に僕の自転車に乗って八幡町を散策しに行ってしまいました。
天気も良かったせいか満足げな顔で戻って来たので安心しました。


帰ってきたら、このハマーの自転車くれ。って言われましたが。

ここから少し厳しめの話を書くので、今日はお知らせ無しです。ごめんなさい。

最近多い迷惑なことから書きます。

先ずは一言だけ言わせてね。
「いいか、相談するなら本気で来い。」

では、始めます。

今日も八藝舘をコワーキングスペースで使いたいという人から連絡が来ました。

そっちの情報も伝えずに、八藝舘でこういう事をやりたいっていう自分の用件だけを一方的に伝えてくる人が多いです。
電話でもメールでも、とにかくこれをやりたい。ってだけです。
大体、会ったこともない人に、急にこれをこの日にやりたいんだけど?って言われても、
「アンタ誰?」ってなるよ。
長い付き合いの仲良い友達にもそんな勝手なこと言われたことないから。

今日は名前も言われなかったので、どちら様なの?と高圧的に聞いてしまったけど。
ジェネレーションギャップ云々カンヌンっていう話しじゃなくて、世界中どこ探してもそんな常識はありません。銃で撃たれてください。

あとね、2日前にメールで八藝舘借りたいって?空いてても貸しません。
借りたい場合は連絡後に会って話しましょう。常識的な連絡や要望をお待ちしております。
理解出来ないんであれば、河原か広場でやれよ。
自分が非常識だって気付いてください。
あとね、八藝舘かどこかで迷っているんだったら最初から相談してくるなよ。面倒臭え。
そんなあなたに利用していただかなくて大いに結構だし、そんな性格の野郎とは絶対に仲良くなれない。イヤ、ならない。

八藝舘を始めたらそんな人間が多いこと多いこと、自分勝手な使い方とかしたいヤツばかりで呆れる。今までの経験から判っているのは、稼いでいない人って身勝手な要求をするのが多いです。
だから金持ちがヤマダ電機とコジマ電気で買わないんです。僕は買いますけど。

コワーキングだのイベントだのって、自分のことばっかり話されると全く貸す気が失せる。っていうより断ります。もしくは断ってくるようにもっていきます。
ついでに言うと、駐車場ありますか?って聞いてくるんだけど、駐車場経営はしていません。
オマエ、個人事業主か会社の代表だろ?こっちが来てもらう訳じゃ無いし、用があるのはそっちの方なんだから自分で探して来いよ。

最後になりますが、仕事以上にエネルギーを使ってしまったので、同級生のFacebookから貰ってきた地元宮城の海の写真を見て和みます。


これは野蒜(のびると読みます)の海です。
ここの浜は高校生の時に授業を抜け出して電車で友人たちと行った思い出があります。
友人の説明だと鳴瀬川の河口の脇って言ってたから、サーフィンやるところなんですが、沢山の人が亡くなっている恐ろしい場所です。気にしていないけど。すごく懐かしいですね。

僕らはもっと海水浴場の方で貝を拾って焼いて食べたり遊んでいました。
ここの海水浴場は15:00くらいになると屋根くらいの波が立ってたので、海水浴場にあるタイヤチューブのデッカイ浮き輪でサーフィンみたいにできた記憶があります。サーファーの修練場でした。写真の場所はサーファーの修羅場です。
盛岡の自称サーファーの方々は、こういうところでやってみてくださいね。

サーフィンあるあるで、デッカイ浮き輪で夢中になり過ぎて乳首が取れそうになりました。マジ話です。あんな事ばかりやっていたせいか、実際のサーフィンに対しても何の恐怖感もありません。何であんなに危険なことばっかりしてたんだろうって不思議ですが、面白いってだけです。
台風の前には良い波が来るからと海に行こうするバカばっかりです。
もういい年こいているから誰も行ってないと思うけど。
そんな石巻人がやっぱり好きです。

では、また明日。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL