宝島

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」

こんばんは。
人生においての男のロマンをどこまでも探求し続ける男、株式会社 盛岡八幡家守舎 代表 及川淳哉 です。

昨夜は唐突に「アナタにとってロマンとは何ですか?」という質問がKirkas nail とEyelash room 雅凪-かなぎ- を経営するYukie Takahashi オーナーとRise スナック&バー柏木 麻衣子 (ライズ 柏木 麻衣子)ママからメッセージをいただきましたので、自宅で1人お酒を飲みながら考えていました。

他人のロマンのお手伝いをする余裕は持ち合わせていませんので、今日は自分のロマンを書いて書いてやろうと思って後は23:00だし限界だったので寝ました。

それでは、今日は男のロマンの物語です。
では、どうぞ。

石巻の実家には童話や子供西洋文学や百科事典やありとあらゆる本がありましたので、小さい頃はとにかくそれらを読み漁っていました。
その中で1番好きだったのが、スチーブンソンの「宝島」でした。はじめは子供用のそんなに文字の多い原作をかなり削った中身でしたが、小学生になって読んだ「宝島」は原作に近いものでした。

ちょうどその頃にテレビで「宝島」が始まったんで、夢中になって毎週日曜日に見ていました。


今考えると、あの時に男のロマンっていうものに初めて触れたと思っています。
だって、人や仲間を裏切ったり、人殺したりしてまで宝物を探すんだよ。死刑覚悟で。

その随分とあとにスチーブンソンの「宝島」の原作を読むことになるんだけど、テレビが1番忠実な感じがしました。


先日のブックカバーチャレンジで宝島を出そうかなとも思いましたが、結局出さなかったので今になっているんだけどね。

原作の宝島のモデルと舞台にになっているのはカリブ海の中にある島だそうです。
原作の描写はとても暗い感じがするけど、物語自体はものすごく壮大でスリリングな男のロマンを感じるものになっています。
これは女性には面白いと思ってもらえないという100%の保証付です。

そして僕のカリブ海移住計画を決定付けた理由の最も大きな1つがこの物語なんです。

僕はカリブ海に新婚旅行とかで何度か旅行に行っているんですが、ジャマイカではキングストンの方は治安が悪過ぎるのでモンテゴベイのHalf Moon Jamaica ってホテルに泊まるんです。
カリブの島々の結構良いホテルには高級お土産屋さんが必ずあって、海底400ftでとれた15世紀とか16 世紀のスペイン銀貨とかがペンダントトップになって売ってるんです。
男のロマンMAXで脳汁ビューってやつです。

随分と端折って簡単に書きましたが、僕は将来カリブに移住して海底の宝探しをしたいんです。
大袈裟なものじゃなくて、銀貨1枚見つけることが出来たらそれでいいんです。
海賊船に襲われて沈んだ船に積んであったものだったら、本で読んだことが本当にあった事なんだって思えたら死んでも良いと思っています。

端折ってしまったけど長くなったので、ここで話しは変わります。


今日はいつもディスりあってる仲の良い守銭奴の千葉 良樹という友人の自宅待機を邪魔しに行ってきました。缶のお茶1本だけしか出てこなかったので、これしか書いてあげません。
社長のくせに自宅待機って何なんだ?っていつも思いますが、休みって言いたくないそうです。単純に変わったこだわりです。

会社に戻ったら、まつげパーマ専門サロン雅凪-かなぎ- の責任者アナザーちゃんこと高橋 ゆきえ さんが、髙橋オーナーからと大好きないも焼酎の佐藤をプレゼントで持ってきてくれました。


ありがとうございます。最高です。
いも焼酎の贈り物は本当にうれしいです。
何かやって欲しいセミナーあったらいつでもご用命くださいね。
すっかりいも焼酎で飼い慣らされています。

最後になりますが、ロマンついでにロマンの話しで締めたいと思います。
男のロマンってありますが、女のロマンってあるんでしょうかね。
男のロマンを調べてみると、
女性には理解できないような、男性の多くが空想したことのある憧れのこと。と書いてあります。

その逆なのかどうなのかと昨夜は男女で論じていましたが、どうなんでしょうね。
それと、好きな本は「宝島」ですって言うと、エロ本の宝島と間違えられたりすることもありますし、それって子供文学だっていう人もいますね。
腹も立ちませんが、可哀想にと思うことにしています。

お知らせしときます。


まつげパーマ専門サロン 雅凪-かなぎ-
ホットペッパー
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000491086/

6月の問い合わせが多くなってきていますので、早めの予約がいいと思います。
書いたからね、予約取れないってメッセージきても無視します。

では、また明日。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL