三脚と自撮り棒

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」
こんばんは。
今日は思い切り休日でしたので、おニャン子クラブの新田恵利の「もしも世界にタヌキがいたら」っていう歌を歌いながら家も事務所も丁寧に丁寧に掃除をしました。注)なるほどザ・ワールドのエンディングテーマ曲でした。
タヌキ顔って言えば、ラブレターfromカナダ〜の畑中葉子ですね。
事務所はいろんなものが多いので散らかっているように見えますが、大きなお世話だし実はマメに掃除をしてるんですよ。
トイレなんかは小さい子供のいるお母さんよりも床もキレイにゴシゴシやるので盛岡のアイスバーンよりもツルピカです。そんなツルピカという言葉にすごくナーバスになりがちな

株式会社 盛岡八幡家守舎

代表 及川淳哉 です。

毎週毎週掃除をやった報告していますが、皆さんもしているはずなのでつまらなかったらクレームをお願いします。
昨夜、帰宅したらポストにとうとう届いていました。
もちろんアベノマスクではありません。
やっと観念しました。
自撮り棒と三脚が一緒になったやつです。
 
もちろん世界中を旅する職業旅人の僕ですから、盛岡にくるアジア人旅行者よりも随分と遅い感じはありますが、そんな理由で買ったんではありません。
これで始めれますよ。
YouTube 始めるって前から念仏のように騙っていましたが、先日、映像クリエイターの

佐藤 林太郎

氏にリーチをかけられて、無理やり買わされたと言う方が正しいかもしれません。かなり誇張した嘘を書いてはいますが、ずっとYouTubeをやりたかったので彼に助けてもらったというのが正しいです。

なので今日から撮影して編集してアップします。とは言っても、ど素人なので編集の仕方も全く分かりませんので林太郎先生に手伝って頂かなくてはなりません。彼に見捨てられないように皆さん応援をお願いします。
先日もサムネとかいろいろと意味不明な単語のオンパレードだったので、そこからのスタートになります。
皆さんの応援と心温まる差し入れをお待ちしております。
内容は仕事にもしている自分の1番得意な金融や経済の話しを面白おかしく分かりやすく話します。一般的には退屈でつまらない話しですが、そこはお金をもらって話す職業の僕に騙されたと思って見て下さい。損はさせませんっては言えません、だってお金もらってないからね。でも、ちゃんと話します。
僕自身も金融機関で働く前は金融や経済のことなんて全く分かりませんでしたので、必ず皆さんが楽しく理解できるように出来ますのでお楽しみに。
テーマは毎回、金融や経済の知識の押し売りになります。
ここで話は変わりますが、自分のことばかりお知らせしまくっても嫌われますので、八藝舘のお知らせします。
全国に非常事態宣言が発令されましたが、八藝舘の入居者さんのお店は幸いにもコロナの影響はないらしいです。最高ですね。
八藝舘の施設自体が3密になるような環境ではありませんし、シェアオフィスも完全個室になっていますし、換気しながらの利用なのでコロナウイルスの感染リスクがほとんどないと言っても過言ではないからです。
もちろん感染者に来られたらひとたまりもありませんので、あとは入居者さん自身の予防とお客さん1人1人にお任せするしかありませんが、全て完全予約制のお店だけなので安心ですね。
今日は八藝舘で1番新しいお店を紹介します。
盛岡では珍しいまつげパーマ専門店の
Eyelash room 雅凪-かなぎ-

です。

もちろんまつげエクステもやっておりますが、資格も上級資格を持っている方が施術しております。
雅凪-かなぎ-は、花巻市にある

Kirkas nail

の姉妹店で、オーナーの

Yukie Takahashi

さんが盛岡市八幡町に惚れ込んで出店してくれたお店です。

今月は4月25日にオーナー自らがネイルの施術に来ますので、その日はまつげとネイルの同時施術の日となります。
予約状況は、雅凪-かなぎ-ホットペッパー
お問い合わせは、雅凪-かなぎ-ホームページ
超絶忙しくて、5月にならないと空きがないKirkas nail ホットペッパー
そしてKirkas nail ホームページ
ご予約やお問い合わせをお待ちしております。
最後になりますが、これから1人でYouTubeの撮影なので、なぜか緊張しています。
ビビリ野郎です。
岩手県のコロナウィルス感染者第1号になった時より緊張します。なったことないけど。
とは言いながら、本当は楽しみで仕方がないんですけどね。
では、また明日。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL