YouTubeデビュー

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」

こんばんは。
今日はコロナ特需の忙しい真っ只中に急遽昨夜にゲストで喋ってくれという依頼を受けて、決まった動画撮影しました。
1時間ちょっとの撮影時間でしたが、円高株安の話しを中心に話しました。

YouTubeのサワテックチャンネル皆んなで登録してください。

https://www.youtube.com/channel/UCGNqTQQ_91RbUJ7pYMoVuwQ

普通に真っ昼間だったので、マジメに話しました。暴言等はキチンと編集されていると思うので、円高株安を分かりやすく話しております。今夜くらいにはアップされると思うので、是非見てください。

僕自身はYouTuber ではありませんが、すっかり金融専門YouTuber気取りの Towers Bill & Co タワーズ ビル株式会社 代表 及川淳哉 です。

何もこんな時期に外貨建商品の話なんて不潔だとか不謹慎だと騒ぎ出すオババたちもびっくりするくらいの問い合わせが来ている人気者です。哀しいくらい仕事でしか喜ばれません。本心は女性を悦ばせたいんですがね。

動画撮影が終わってからは、サワテック沢田 昇太 (Shota Sawada)君とQzo- – キュウゾーでランチを食べに行きました。


やっぱり矢羽々 正行さんの焼くステーキは美味しかったです。手作り柚子胡椒も付いてきたんですが、ステーキに合う。最高でした。
ご馳走さまでした。

さてと、約束通りに為替の話ししますね。
珍しく今日もマジメに書きますので、AKBのライブのように一体感を持って行きましょう。行ったことないけど。
では、始めます。

昨夜のNYダウがエライことになっていたのは昨夜のうちに知っていたんですが、今朝方にアメリカドルと日本円の為替レートを見たら大体102円くらいを推移していました。


それが9:00になったら103円台になって円安に進んで行きました。
今現在20:30すぎでも104円台と円安に走っています。

ここからが為替の本題に入ります。

では、一体なんで上がったり下がったりするの?
ここは簡単に考えてもらって、通貨を売ったり買ったりしているからなんですね。

例えば、日本ではチョコレートが大体100円で売っています。
アメリカでも大体 1ドルで売っています。
ただし、毎日変わる為替レートで 1ドルが200円だったら、200円を払って 1ドルに交換しなくちゃいけないから、チョコレートを買うのに200円掛かったら、これはドルより円の価値が低い(安い)から円安って言うんですね。

もちろんその逆の円高っていうのもあって、リーマンショック後は 1ドル 80円以下になったんでハワイで死ぬほど買い物しました。
だって単純に 10,000ドル大体100万円のものが、80万円で買えるということです。

つまり円高は海外によく行く人には味方になってくれますが、逆に海外のお客さんを多く持つTOYOTAや日産などの自動車メーカーやパナソニックなどの電機メーカーは円安じゃないと商品を売った時に入ってくる日本円が少なくなってしまうので損をしてしまうってことなんですね。

だから上記の大企業からCMを出してもらっているTV局は円高になると大変だ大変だとニュースで騒いでいるんですね。
僕のような一般市民には円高の方が断然良いですね。だって僕はアメリカのAmazonでよく買い物するんですが、高価であればあるほど円高の時に買えばお得になります。簡単な算数です。

次は、愚かな陰謀論者が大好きなドル崩壊論です。
何がどうなって貨幣単位のドルが崩壊するのか?正直バカバカしくて話しになりません。
なぜならば、アメリカドルは世界の基軸通貨なんです。
基軸通貨とは、ココ大事。

例えば、日本で人気のあるヨーロッパ家具をネットで見つけて買うとします。
1,000ユーロでした。
そしたら日本円を一度1,000ユーロ分をドルに替えてから1,000ユーロにしなくちゃいけないんです。
つまり、世界の貿易(輸出や輸入)でドル以外の流通しているお金の金額と同等のドルが流通して取引されているということなんです。

これだけの天文学的な量が流通しているのであれば、ちょっとやそっとでは為替が荒れるというくらいの高騰や暴落にはなり難いですね。ましてや崩壊なんてする訳がないってことくらい分かりますよね。

そして僕らの日本円も実は世界での流通量がとても多く、外国籍の人が買うことの出来ない日本国債と同じように信用力があります。

こういう事を書くと、たくさんの方々が中国元の方が流通量も遥かに多いので為替の影響を受け難いとか宣う経済白痴がいるんですが、貨幣単位の信用が為替に及ぼす影響の話しをしている訳なので、全く相手にしません。

もっというならば、中国元が信用に値するような貨幣単位であれば、世界的にもっと価値が上がっているはずです。投資家はそんなことを言う人たちのようにモノを知らない人種ではありません。

あと、昨夜僕の恩師の北原 かな子 (Kanako Kitahara)先生からのリクエストに応えてイギリスのポンドの話しをします。

イギリスポンドは為替の影響を受け難く、とても安定した通貨単位だと言われています。
実は、これは正解でもあり不正解でもある答えなんですね。

なぜならば、まずイギリスポンドは流通量がすごく低いですし、イギリスという国は産業革命以降は何の産業もなく21世紀の今になっても相変わらず何の産業も何かを生み出すこともしていませんので、諸外国の投資の対象にもなれません。
ですので、先生に怒られるのを覚悟で言わしてもらえば、イギリスポンドは地域振興券と何も変わらないあってもなくても損も得もないものなんですね。だから人気がない、そして取引対象にならないし、そんなもの要らないって話しです。

これはあくまでも貨幣経済の話しで、為替を知る上で大切な話しだと思ったので書かせていただきました。
これ以上知りたい方はメッセージください。

最後になりますが、
花巻市のKirkas nail の盛岡支店
まつげパーマ エクステ専門店
「eyelash room 雅凪かなぎ」
4月1日八藝舘にオープンします。
オーナーのYukie Takahashiさん
盛岡支店のアナザーことYukie Takahashiさん
よろしくお願い致します。
あと、22日です。
お楽しみに。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL