行政の方への業務連絡です。

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」

こんばんは、住宅会社やリフォーム会社の広告ではありませんので安心して読んでくださいね。
あと、業務連絡が有りますので行政の方は是非とも読んでください。
イヤ、絶対に読めよ。

八藝舘の写真ばかりだと、古民家を専門にリノベする会社の広告だと思われていないか心配で十二指腸潰瘍になりそうな、株式会社 盛岡八幡家守舎 代表 及川淳哉 です。
これから八藝舘みたいなビジネスモデルが増えていくんでしょうね。

昨日のことなんですが、とある方と僕のこれからの展望を話していたんです。そしたら、ど偉いことに気が付いてしまったんです。

昨日は決算を終わらせばっかりだったたので、頭の中が払わなければならない税金で頭がいっぱいでだったんです。が、ふと気付いたことがあったので、ここから書きます。

岩手県も盛岡市も、もっと言うなら岩手県全体の市町村の課題は人口流出で特に若者の岩手県離れです。ハッキリ言って、夢も希望も働く場所もないから県外に行こうってなっています。

そこで全市町村は首長が中心になって議員さんたちで地方創生という共通のキャッチコピーで町おこしをやりましょうと動いています。

市町村で金を出して市町村の職員をリノベーション学校とか日本全国のモデルになるだろうという場所に出張(視察)に行っています。
日本語って本当に便利だね。

その後に上司にレポート上げて完了って感じなんでしょう。レビューも返ってこないんだから、レポートなんて書いたって仕方がないだろう。っていうか、返ってこないんだから提出しなくていいだろう。バカが。ただのセレモニーじゃねえか。

何でこんなに辛辣な言葉で書いているかというと、役所は町を活性化したいとか何とかしたいと言ってるけど、そんな一助どころか、盛岡市や岩手県の為になっている八藝舘を経営している僕の会社が何一つ税金の恩恵等を受けていないっておかしいだろうという話しです。

市街地の遊休不動産、それも朽ち果てていくのを待つだけだった廃墟を土地から購入して改修工事をして、人通りが無かった町に人も呼び、雇用も創出しました。
そんなことをやった人にも会社にも行政は、ズブズブの利益追求型の会社と同じような税率(定額法)で課税するっていうのは、お前ら何やってんだよ?このやろう仕事しろと、昨日考えたんですよ。

一般的な不動産業や不動産投資や土地転がしみたいな業種にはじゃんじゃん課税してやれば良いと思ってるよ。古い建物ぶっ壊して町の真ん中にコインパーキング作ってる地権者にも課税してやれよ。

こういう人でなしと同じ税率っていうのは、どう考えても納得できない。

長くなったので最後になりますが、これ読んでる役所関係の人いるかと思うけど、どうにかして欲しい。
企業の誘致の場合は法人税が10年0円とかあるだろう。いったい何人をうちで建てた建物で働いてもらったらそういう恩恵を受けれるんだ?

こんなんじゃ、岩手県からまだまだ若者の流出は止まらないよ。

最後にお知らせ

4月1日に花巻市のKirkas nail さんの盛岡店が八藝舘にオープンします。

eyelash room 「雅凪かなぎ」

花巻の Kirkas nail 本店では 3月1日から盛岡出店記念キャンペーンやるそうです。
ホットペッパーから予約できるようなので、皆さん予約して行ってください。
アメリカ仕込みの妙味を味わってきてください。
ホットペッパーでの予約をしたことがない方は、直接ググって電話してみてください。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL