新たなともしび横丁キャンドルワークショップ作家

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」

こんばんは、今朝は道路もガチガチに凍っていたし、忙しい方ですので朝8:00の約束だったのですが、少し前にお客様宅に到着して仕事をしていました。

最近巷で何かとお騒がせなブラック企業の経営者と、その男に巻き込まれるブラックなお客様って何だか微笑しいですね。最高です。
まだ18:00なのに、ずいぶん昔の思い出のように思ってしまっている株式会社 盛岡八幡家守舎 代表 及川淳哉です。
昨日からハクション大魔王の歌が頭の中でグルグル回っていますが、ジムボタンの歌がどうしても思い出せません。タイムボカンの歌はいつでも歌えるんですが。

その後は、ずっと会社に来客予定だったので、オフィスに軟禁状態でした。クラリス姫と呼んでください。
クリスマス目前なので、テレビや広告や雑誌に踊らされた小市民でで道路は渋滞です。是非とも僕も踊ってみたいんですが、どうやら関係ないみたいなので早々に諦めてしまいました。

12月24日、12月25日は1番忙しい日になるので、クリスマスどころか居酒屋までも行けません。しかし、バジリスク甲賀忍法帖の甲賀弦之助言ってる通り、終わらない雪掻きと終わらない仕事は無いんです。本当か?
社畜時代の会社では、1年中仕事は終わらなかったぞ。
悲しい話しはこれくらいにします。

ここからは楽しい話になりますので、安心してお読みください。

夕方前に、八幡ともしび横丁でワークショップをしてくれる、KUWA no MORI 蝋燭店のミケさんが八幡平市から可愛い怪獣たちを引き連れて、八藝舘の見学に来てくれました。


ミケさんの1月のワークショップの予定です。


2月のワークショップ予定です。
年末までには全てのキャンドルアーティストさんのワークショップの予定が入りますので、お楽しみに。

最後になりますが、子供って可愛いですね。懐かれると尚更です。別に好感度を上げようと思ってはいませんが、今日もお菓子やジュースを買って待ち構えていました。イチコロでしたね、チョロいもんです。

ただ懐柔してるんじゃねえかと言われそうですが、そこを気付くか気付かないかです。同じ保険業でも売れる人間と売れない人間の違いって、こんな小さなことなんです。真面目な話しになりそうなので、忙しい僕は明日のために家に帰ってお酒を飲まなきゃいけません。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL