ブラックな職業

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」

こんばんは、一戸町より21:40に帰宅しました。
帰宅途中の車の中で考えていたんですが、ブラックなのは僕の会社じゃなくて、職業なんだとさっき気付いてしまったTowers Bill & Coタワーズビル株式会社 代表 及川淳哉です。
ずっとこの仕事しかしていないのに、破滅的に気付くのが遅すぎます。自覚はしていましたが、オツムテンテンなようです。そう考えたらうれしくなってきますね。

今日もなんだか働き過ぎたし、ご飯を食べるのも面倒なので、お酒を飲みながらウダウダしてみます。このあとにお風呂に入ったら即死ですね。
熟睡します。泥のように眠ることでしょう。泥の気持ちはわかりませんが。

そういえば明日も仕事でしたね。手帳が誰かに落書きされたみたいにすごく汚い文字でいっぱいです。スマホ使えよとか、綺麗に手帳使えないのは仕事ができない証拠ですって聞こえてきそうです。
手帳の使い方に拘る方は全世界に盛岡市の人口くらいいるかとは思いますが、ゴルフの講釈たれるオジサンみたいに見えるから教えなくて良いからね。

会社員時代には、結構大きめのシステム手帳を使っていたんですが、独立後は保険会社からもらう一般的なサイズの手帳にしました。
理由は単純で、本業の仕事の量を減らそうと思ったからです。

書くところがいっぱいあると、日本人の哀しい習性で全部埋めたくなるんです。
オマケに保険会社っていうものは、そういう風な人間を製造する工場になっているので、若い頃にお金に目が眩んだ僕のような男は訓練どおりのマシンになってしまうわけです。

僕は文字を小さく書くのが苦手だし、綺麗に書けないので、手帳を小さくして仕事の量を減らしたら大変なことになってしまったわけです。
この話の続きは後日にします。いつだって聞くなよ、5分後に忘れるから。

さて、最後になりますが、八幡ともしび横丁の宣伝です。

 
少しずつではありますが進んでおります。


ワークショップは12月28日からスタート予定です。もしかしたら何日か早くなるかもです。日程を調整しております。お楽しみに。

今度こそ最後になりますが、YouTubeで八藝舘ハチゲイカンチャンネルをやります。
どんな内容かと言うと、僕の知り合いの盛岡やいろいろなところの経営者や有名人(タレントではない)との対談を約10分程度します。
正月から始める予定です。こちらもお楽しみに。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL