カナダの画家

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」

こんばんは、夜ぴかりです。
23:00です。
意味が分からないでしょう?僕は分かっているので進めます。
昨日の夜更けにカナダの友人からmessengerで「3月11日に帰るよ。」って届きました。最高ですね。

彼女は今、カナダのネルソンというとても綺麗でイカした町に住んでいます。

カナダ人と結婚したので、Yoshie Measuresさんになっています。


彼女は大学の同級生で友人ですが、友人というより仲間ですね。

ここで話しは変わりますが、写真は4年前にアメリカに行ってた時に勉強で疲れ切ってしまったから、1週間カナダにヨッチに会いに行った時の写真です。


旦那のRob Measuresに会ったのも初めてでしたが、本当に良い人でしたね。ヴァンクーバーは変なのたくさんいたけど、ネルソンは人も町も本当に最高でしたね。
ネルソンで一体何軒の飲み屋さんに行ったか覚えていないですね。写真はいっぱいあるし、見せられない写真もいっぱいあるけどね。

ここからが本題。
ヨッチはカナダで画家をやっているんです。

 
彼女は結構有名らしく、僕がネルソンを訪れた時も個展をやっていました。


ネルソンという町は、カナダのヒッピーの聖地らしくとても芸術的な町なんです。
町を挙げての芸術祭にも彼女は出展していて、パンフレットにも載るほどでしたね。
僕の事務所にそのパンフレットは飾ってあるので、見たい方は言ってちょうだいね。

そんな彼女が5年ぶりに帰国するので、せっかくだから八藝舘で個展やってよとお願いしたら、即効オッケーもらいました。
彼女は奥州市水沢区出身なので、帰省ついでに盛岡観光と個展をやってもらいます。

僕が彼女に八藝舘を見せたいっていうのもあるし、僕らの時代の盛岡と違うから盛岡を案内してあげたいし、とにかく遊び尽くしてもらいたいって思っております。
情けない話しなんですが大学時代はお金が本当に無くて、ヨッチによくご飯を食べさせてもらっていたから恩返しもしたいと思っています。
あとは、3月11日に帰ってくるので震災で被災した沿岸にも連れて行こうとも思っています。

こんなに才能があるのが分かっていたら、もっと優しくしてれば良かったなぁって4年前にも書きましたが、本当にその通りですね。
明日からは会う人全員皆んなに優しくしたいと心に決めた、株式会社 盛岡八幡家守舎 代表 及川淳哉です。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL