労働者風コスプレ

「毎日八藝舘ハチゲイカン」

おばんでございます。
今日は大忙しだったので、18:00に店を閉めました。
本日はさゆり姉さんの労働者風コスプレ飯ウマ画像を載せておきます。

  
この写真を撮りながら笑いが止まらなくなって、今までの恨み辛みが全てチャラになった株式会社 盛岡八幡家守舎 代表 及川淳哉です。
なんなら貯金もできた感じです。

今日のメインは岩手日報社の記者カネちゃんと、第1回 プレプレゼンテーション塾の打ち合わせでした。


主催者のさゆり姉さんが記者のカネちゃんにイベントのプレゼンテーションをしていましたが、話しが脱線しまくるなんとも微笑ましい主催者っぷりでした。この塾で1番学ばなければならないのは彼女ですね。

今日の打ち合わせで、これが記事になるのかどうかはまだ分かりませんが、第1回プレプレゼンテーション塾にカネちゃんが来てくれることになったのは最高でしたね。

このあと彼はチョコレート狂いの悪魔に無理矢理鶴を折らされて100円をカツアゲされていました。
カネちゃん、本当にごめんなさいね。僕の顔に免じて許してくださいね。
こうして忙しい彼は仕事に戻って行きました。
カネちゃん、ありがとうございました。プレプレゼンテーション塾をよろしくお願い致します。
いただいたお金は責任を持ってボランティア活動をしている僕の友人に届けますので安心してくださいね。

ここで話しは変わります。
岩手日報社との打ち合わせも終わり、それぞれの仕事に戻りました。
しかし約1名が作業着に着替えて肉体労働をしている人がいました。とある企業の副社長様です。

彼女は生まれついてのお嬢様ですので、もちろん仕事や労働なんてしたこともなければ、する必要なんてありません。
そんな彼女が、代車に椅子を積んで運び、八藝舘に並べて当日のレイアウトを試していました。
その後にまた元の場所に椅子や台車を戻したようです。もちろん僕は骨折中なので手伝うことができませんでした。

かなり大袈裟に書いてしまいましたが、彼女は生まれて長いこと経ってしまいましたが、初めて労働の喜びを知ったようです。
大変おめでとうございます。
記念すべき日ですね。
終わって僕の事務所に戻ってきたときは本当に清々しい表情でしたね。これで少しは人の気持ちや痛みに気付いてくれたらいいんですけどね。まだまだ先になるんでしょうね。

もう20:00になるので最後になりますが、プレプレゼンテーション塾の主催者は真っ赤なツナギが大変気に入ったらしく、それを着て父母会の打ち合わせに行くと張り切って向かいました。

椅子を運んだりする作業時の服がないからとわざわざホーマックに行って買ってきたそうですが、八藝舘に出入りするようになったら狂ったと思われたら心外なので、普段はツナギなんて着ないでくださいとお願いしなきゃいけませんし、あまりにもクソダサイツナギなので、カッコいいツナギを教えてあげなきゃいけませんね。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL