仕事の流儀

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」

こんばんは、1日中仕事をしていたワーカホリック八幡町代表です。
会社員時代に官公庁街のビルに会社がありましたので、さんさ踊りの時期には毎年こんな迷惑なお祭りは無いほうがいいよ。って言ってた人を軽蔑の眼差しで見ていましたが、今思うとそんな気持ちも少しだけ分かってきた、株式会社 盛岡八幡家守舎 代表 及川 淳哉 です。
お祭りだけじゃ飽き足らず、八藝舘でのイベントでも楽しみまくっていた男です。
自戒の意味も込めて言いますが、人間っていうのは本当に身勝手な生き物ですね。

楽しい時間も、有り難みも、人の恩も、身体の痛みも、心の痛みも、自分が調子いいと全部忘れるような恥知らずな人間にはなってはいけませんよ。
仕事だけでいいので、これらを忘れなければ少しの成功は収めると思うよ。
若い方々は是非とも三国志を読むことをお勧めします。こういったことがたくさん書いてあります。
年寄りくさい話はやめますね。

自分の仕事のやり方についてもうひとつ書いておきます。
今日も明日も朝から晩まで仕事で忙しいんですが、1つでも仕事が入ったら忙しくなるようにわざと沢山の仕事を詰め込みます。
仕事に追われるのは3流だから、陰で文句ばっかり言ってないでずっと仕事は追い続けるんです。


そうして攻めまくれば、自分一人で出来る仕事量が見えるし平均的な仕事量になっていくので収入が安定してきますよね。
あくまでも自営業の話ね。

だから、休みって決めた日は何日でも絶対に仕事をしない。
保険業なんで事故等で電話はかかってきますが、それは電話で対応できるので大丈夫です。
息子とアメリカに居た時にお客さんが亡くなったって電話がかかってきましたが、それも電話で対応しました。
脱線したので戻します。

とにかく忙しい時ほど攻めます。
特に僕の仕事は待つ仕事ではないので、攻めないと死んでしまいます。
死にたくないので忙しくしています。
あとね三日坊主は絶対にダメだよ、だってダサいよね。長続きしないヤツが成功する訳ないでしょ。やるって決めたらやる。
「毎日、八藝舘」も誰もマジメに読んでくれていなくても書くと決めたら書き続ける。簡単だよね。
出来ない人だっているんですよ、って言うなよ。そんなヤツと関わる気ないから。
自分で決めたんだったら、色々と忙しいとか言い訳してやめるんじゃないって言ってるだけだから。

って自分に言ってるよ。

最後になりますが、梢月展をゆるくやっています。


八藝舘の中が高校の文化祭会場みたいになっていますので、そんな季節柄お立ち寄りくださいね。


明日も忙しいフリを一生懸命しなければならないので、八藝舘には夕方くらいに行こうと思っています。
お祭りのあとの八幡通りも雰囲気がいいので、盛岡八幡宮にお参りついでに寄ってみてください。
freebird のママがケーキとかコーヒーとか準備してお待ちしております。
フリバのママのお菓子は本当に美味しいですよ。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL