ミシンが来た!

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」

今日の午前中に、モンキーズ の店主 伊藤 裕志 (Hiroyuki Ito)氏との約束どおり八藝舘に届きました。


何がって、ミシンです。


正しくは、Sewing machine ですね。
ホッチキスも正しくは、Stapler ですね。
話しを戻しますと、あのヴィンテージや古着好き垂涎の的のアメリカ製 Union Special 43200G です。
僕のジーンズやシャツのいろいろな部分もこれで縫われています。明らかに自慢ですね。

9月13日の夕方から八藝舘でオープンする、桃太郎ジーンズ/Momotaro Jeans期間限定ショップでジーンズを買った人はこのユニオンスペシャルで裾上げをしてもらえます。
桃太郎ジーンズオーナーは、この期間中に桃太郎ジーンズを持ってきてくれたらタダで裾上げしますよ。

友人たちに言われる通りモンキーズか桃太郎ジーンズの広告塔な感じがしてきた、株式会社 盛岡八幡家守舎 代表 及川 淳哉 です。
ジーンズの裾とアロハシャツの襟には並々ならぬこだわりを持っています。病気ですね。

ここで、何で僕が桃太郎ジーンズをこんなに好きなのかをお話ししましょう。

かれこれ10年ちょっと前くらいに初めて桃太郎ジーンズについて知りました。
きっかけはもちろんモンキーズの店主です。
「こんなブランドのジーンズ出るんだけど、うちの店で扱うことにしたよ。」ってカタログを見せられたから、
「じゃあブーツカットある?あるなら買うよ。」って、こんな感じの後で届きました。

それまではハーレー乗りが喜ぶような分厚い生地のジーンズばっかり馬鹿の一つ覚え的に履いていたんで、桃太郎ジーンズを履いた時に薄くねえか?って思いましたが、全然そんなことはなく今だにそのブーツカットの出陣Label を一カ所だけリペアしてガンガン履いています。

そのあと銅丹Label も買って、去年は10周年記念モデルも買いました。

桃太郎ジーンズは、藍布屋っていう生地屋さんが作っているだけあって丈夫ですし色落ちもカッコいいです。あくまでも僕の感想と好みですが、家にいっぱいある俗に言うレプリカジーンズと違って日本人の体型に合っているし、他のアイテムもカッコいいです。

八幡町で飲み歩いているモテない男たちは大歓迎ですよ、これで明日からモテる男に大変身です。
ただし紺碧角刈りヘアーでコーディネート25万円の人は似合いませんので、来ないでください。

こんなに素晴らしい宣伝をして、株式会社 ジャパンブルーからお金もらわなきゃ割に合いませんね。
でも、本当のことしか書いていませんので、八藝舘で桃太郎ジーンズの全アイテムの波に溺れにきてください。
Tシャツから何から何まで全部揃っていますよ。
クレジットカードも電子マネーも利用できます。

僕が1番興奮しています。

クールダウンするために、ここで話しは変わります。
夕方に、とととの店主 Takuji Onodera たくちゃんに桃太郎ジーンズ期間限定ショップのチラシをお願いしてきました。

ついでに宿泊客なのに手伝いまでする、高橋 文明 (たかはし ふみあき)ブンちゃんにも宣伝してきました。
ありがとうございました。
20枚くらいですがチラシを置いてきましたので、近くの人は是非もらいに行ってくださいね。

来店時にチラシを持参の方には、丁寧にお礼を言ってからお得情報を教えます。
他にも何か良いことあるかもしれないので、楽しみにして来てください。
お待ちしております。

いつも通り長文になってしまいましたので最後になりますが、Instagram に載ってる写真って綺麗な写真ばかりですね。
僕も少しスマホで綺麗に撮れるよう聞いてみようと思いました。
今更かよって言うなよ。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL