民意は時に残酷編

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」
「後半は市長選、民意は時に残酷編」

こんばんは、当たり前ですが夜なので眠いです。
昨夜は本当にうれしいことがあったので午前中くらいまでは大丈夫でしたが、昼過ぎで力尽きてしまいました。
それでもありがたい事に来客がひっきりなしだったので、商談中にスイッチが切れて倒れ込みそうだった 株式会社 盛岡八幡家守舎 代表 及川 淳哉 です。
逃げ出してやろうと本気で思ってしまいました。

改めまして、大石きみお-街ナカの魅力創造 さんおめでとうございました。

八幡町の皆さんは昨夜遅くにお祝いムード満点だったので、自宅で我慢していたお酒を美味しくゆっくりと飲んで、午前中いっぱい眠ったんでしょうね?
どうりで、朝の八幡町ときたら全然人通りがありませんでしたね。
八幡町の大先輩方のあと何回もできない貴重な夜更かしで思い出づくりの一助になったんでしょうね。

僕はお酒も飲まずに急いで眠りましたが、さすがに4時間睡眠じゃあ眠った記憶も無いに等しいですね。
ですので、今日は帰ってきてから昨夜の良いところを思い出してお酒を飲んでみましたが、1人なので全然盛り上がりませんしオマケに昨日の市長選を思い出したら悲しくて情けなくてなってしまいました。

ここで話しは変わりますが、もちろん市長選の話の続きです。

会社員時代の話になりますが、僕の入社した会社は合併に合併を繰り返してどんどん大きくなっていきました。
そこで学んだことは、簡単に言ってしまうと

「脱皮できない蛇は死ぬ。」ということです。

太古の昔から生き残ってきた種族は、環境に適応して進化し姿を変えてきたからです。
変わることを拒んだり、まだ大丈夫だとたかを括っていたものは、見事に絶滅しています。

盛岡に来て随分と経ちましたが、もちろん良くなったり便利になったりしているものもたくさんありますが、僕や一般市民が関わる行政でのことではありません。

ただ、盛岡市で言うところの民意の象徴である市長選ですから、これが答えだったんだなぁと悲しくなったりしたんです。
変わることをを拒み、変わらなければいけないところは山積しているはずなんですが、やっぱり市長選挙って民意じゃなく組織なんだと考えさせられましたね。
昔、歴史の授業で習った十字軍の話みたいですね。滅びたんですがね。

少なくとも僕には現職の市長が何か問題解決をしたところや、16年間での実績というものを見つけることができませんでしたので、こんなことを書いているんですが民意なんですね。

もし会社の経営者だったとして、16年間も実績出せなかった社員がいたらどうする?
僕が外資系金融機関のマネージャーだった時は、違う仕事を探した方が良いよって勧めてあげていました。
っていうか、長い間投資し過ぎだろ。
余裕あんな、盛岡。人の金だからか?

最後になりますが、1つだけお願いがあります。

具体的な公約の1つも無かった人に言うのは酷すぎだとは理解していますが、僕も立派な納税者なので言いますよ。
せめて子供達に残せる町のグランドデザインくらいは作って、次の市長に渡してください。
これぐらいだったらできるでしょ?

岩手公園や北上川河川敷に色々やろうとしてるんだよな、それぐらい出来るだろう?
選挙終わったしさぁ関係ねえよ。って絶対言うなよ。

ここは僕のTLなので、この市長選についてのコメントは勘弁してくださいね。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL