横手市増田まんが美術館

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」

忘れないうちに、横手市増田まんが美術館 での写真を載せときます。
最高の施設でしたね。

盛岡市も訳の分かんない役立たずなハコモノや作ったヤツしか喜ばない本なんて作っていないで、こういうのを作って欲しい。
逆を言えば、こういう施設が会社員時代に盛岡にあったら足しげく通っていたに違いないと思うので、無くて良かったと本当に思いました。

多田 賢 (Ken Tada)ちゃんの大好きな、
「哭きの竜」もありました。


麻雀を全く知らない僕が知らない漫画だったんですが、名作だったんですね。

「背中が煤けてるぜ。」って名言も見ることができました。
この言葉を一体誰に言ってやろうかと、昨日から考えて笑いが止まらない 株式会社 盛岡八幡家守舎 代表 及川 淳哉です。
冗談抜きで、横手市増田まんが美術館 は超お勧めですので是非話の合う人と行ってくださいね。
僕も八藝舘に犬を勝手に入れて出禁になった人みたいに発狂寸前でした。
悪い言葉で言っちゃうとヤバイです、です。

今日の昼ご飯は、どうしても冷たいラーメンが食べたかったので、月が丘の らーめん人力俥 で季節限定のざるそばを食べました。


自家製麺と言ってもラーメンの麺なんですが、本当に美味しいのでオススメですね。

今日の締めくくりは、小料理 福ろう の女将Lily ひろえ Valleyさんの新生児に会ってきました。


こちらは食べ物ではないのでオススメ出来ませんが、機会があれば女将にお願いして会わせてもらってくださいね。
僕の年齢で勝手にお爺ちゃんにされてしまいましたが、今日の女将の小噺「フロッピーディスク」で散々笑わせていただきましたのでチャラにする事にします。

最後になりますが、
さっきから書いては消しての繰り返しばかりなので困り果てております。
締めの言葉が見つかりませんので3つの玉の話しをしようかと思ったら、それは3つの袋の話しでしたね。
映画ゴッドファーザーかぶれの男が別れ際にadios と言った話しでも良いんですが、それは流石にマズイので諦めて眠ることにします。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL