八藝舘見学会

「毎日 八藝舘ハチゲイカン」

今日も友人が、八藝舘ハチゲイカンを友達に見せたいと可愛い娘さんを連れて写真を撮ったり見学に来てくれました。

ゆっくりと案内もできたし、八藝舘ハチゲイカンの趣旨や物語も話せましたが、利用の仕方つまり3畳や4畳のシェアオフィス、応接室、コワーキングスペース全て自由に使えたり、ギャラリーも利用予定が入ってなければ自由に使えるというのが分かりにくいようです。

皆さん、
「オフィス部分だけでなく、応接室はもちろんのこと、コワーキングスペースやギャラリー(予定が入っていなければ)も自由に利用できます。」

施設内での焚き火やキャンプファイヤーはNGですが、お灸はOKです。
そんな自由度が高い八藝舘ハチゲイカンのオーナー 株式会社 盛岡八幡家守舎代表 及川淳哉 です。

今日は例年通り寒い1日でしたが、充実した1日でしたね。

ここで話しは変わります。

4月13日〜4月21日
中村 欣司 線彩画絵ハガキ展 八藝舘
に合わせて、

4月16日〜4月21日
白拍子衣装体験 八藝舘 開催されます。
詳細は、5枚目の写真で確認してくださいね。

ちなみに、白拍子衣装体験は
4月13日、4月14日
鉈屋町 旧暦の雛祭り
町家サロンピッピ の2軒隣でも開催されます。
ガイド付き♪『ゆるキモノあるき~鉈屋町盛岡町家旧暦の雛祭り編~』
の方々も立ち寄るかもらしいですよ。
お気軽にお立ち寄りくださいね。

最後になりますが、
実は小さい頃から読書が好きなんです。
遥か昔の昭和の言い方で言ったら、本の虫です。
今だに毎月平均で5冊は読んでいます。
Amazonでポチポチしてしまうんです。
恋愛小説を読むことはありません、最後に読んだのは「マジソン郡の橋」ですね。やっぱり遥か昔です。

でも今日、本ではなく読み物として購読しているワタナベ アニ (Ani Watanabe) さんの note で久しぶりに恋愛の物語を読んで胸をかきむしられました。
すごくヒリヒリしました。

もちろん自分の恋愛経験を投影できるくらいの恋愛のプロでもないんですが、作者のアニさんが身を削って書いているんじゃないかというくらいリアリティがあったので、思わず Cowboy Junkies のアルバムを引っ張り出して聴き始めました。
この “Black Eyed Man” 聴いたら寝よう。

「ワタナベ アニ note」
アニさんのnote おススメだよ〜

 

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL