第1回八幡ともしび横丁フォトコンテスト編

「毎日八藝舘ハチゲイカン」

改めまして、こんばんは。
春分の日前夜、いかがお過ごしでしょう?
今日はタイトルにあるようにフォトコンテストの受賞者の発表でした。
八幡ともしび横丁 ページでも発表しておりますが、こちらでも発表させていただきます。

もりおか八幡界隈まちづくりの会 – 盛岡 Morioka Hachiman,Iwate の厳正な審査のもと侃侃諤諤と議論を戦わせた結果ですが、最後はどれも満場一致で決まりました。


第3位
記念すべき第1灯目のともしびを僕が灯そうとガキども改め子供たちに揉みくちゃにされた後で、子供たちが落ち着いた時の1枚です。
菊池 麻衣子 さん おめでとう ございます。


第2位
「インスタ映えを狙え」と最初にお知らせしていた通りにしっかりと狙った1枚だと、お見事ですと審査員も唸っておりました。
松木世以子 ちゃん おめでとう ございます。


そして、栄えある
「第1回八幡ともしび横丁フォトコンテスト」のチャンピオンは、
菊地 珠生 (Tamaki Kikuchi) さんです。
この1枚は、審査員全員が優勝だと見た瞬間から言ってたものです。
現在発売されている「盛岡本」の八幡ともしび横丁を紹介しているページの写真を差し替えたい気分になりました。
それくらいのインパクトのある満場一致の写真でした。
本当におめでとうございます。
来年のポスターにも使いたいとも思っています。

受賞者の方々には、記念品が準備でき次第に連絡をさせていただきますので、今しばらくお待ちくださいね。

ご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。
来年も是非また力を貸してください、よろしくお願い致します。

申し遅れましたが、八幡ともしび横丁フォトコンテストの審査員の1人をやっております、株式会社 盛岡八幡家守舎 代表 及川淳哉です。

ここからいつもの感じに戻りますが、


これはおもしろ部門のチャンピオンの1枚です。
アカデミー賞で言うところの、ゴールデンラズベリー賞ですね。
最低な賞だって、ヒド〜いとかナシだぞ。

先ずは、選んだ理由から。
インスタ映えを狙えって言う名のもとに、こんなにもみんな一生懸命に上から下からと写真を撮っていてくれていたんだという嬉しい気持ちと、なんだか微笑ましくなって僕が勝手に選びました。
受賞者のセイコちゃんには、一食ご馳走しようと思っています。
セイコちゃん、おめでとう ございます。
あとで直にメッセージください、お待ちしております。
「第2回八幡ともしび横丁」も引き続きよろしくお願い致します。

お知らせですが、ポスター担当の 佐藤貴俊 画伯がともしびオフ会を計画中です。
近日中にお知らせするようですので、お待ちくださいね。

最後はステマになりますが、
八藝舘 ハチゲイカンもよろしくお願い致します。
これからも世代間のギャップを埋めていけるような、八幡町らしいイベントもとい長く続けていけるような行事を皆んなで作っていきます。

これには本当に皆さんひとりひとりの力が必要です。

頼みごとばっかりで、本当に図々しいことは承知の上でお願いしておりますが、祝日前ですのでお願いついでにお願いします。

皆さんの力を貸してください。
あと、こんなことやったら面白いよね〜 とか、八幡町でこんなことやりたいって方々は気軽に八藝舘ハチゲイカンのイベントに来るか、僕に直接メッセージくださいね。

「一緒に面白いことをやりましょう。」

何を隠そう、
「八幡ともしび横丁」も、酔っ払った勢いで始まったのが、八幡町の冬の行事になったんですよ。

勇気なんか出さなくていいから、気軽にアイディアをじゃんじゃん言いに来てくださね。
待ってま〜す。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL