食道楽

「毎日ハチゲイカン」

週明けの忙しさに始まり、車を駐車場で擦った人が八藝舘に来て、その後やっと会いたかった人がともしび横丁のワークショップに来てくれて、アッカトーネというお店で松田 宰 (Tsukasa Matsuda)という最高の男のサービスを受け、「八幡ともしび横丁」の運用の着地点を共有して帰って来ました。

遅く帰った言い訳を長々とカッコいい理由を模索しましたが、何も無いことを知って怖くなっている、(株) 盛岡八幡家守舎 代表 及川淳哉 です。

明日の朝に、美味しく朝ご飯を食べたいだけに、美味しいお酒をたらふく飲んできちゃいました


車を擦ったユカ丸も、

僕も、

いい話をしてくれるヒゲを生やした現場監督も、ゲストハウスを建設中の修行僧も、
それぞれ刺激的な最高の1日を過ごしたはずです。

もちろん、今日の最後の最後まで連れ回した青山町の貯金王も、お酒を飲めない貯金王のサポートに徹しているヒゲも最高の1日だったはずです。

みんなが安心できる優しい場所や、元気になれる場所や時間をみんなで作っていきたい。
小ちゃい子供から爺ちゃん婆ちゃんまで、みんなが集まれるのをみんなで作りたい。

2月9日に始まる八幡町の新しい行事の着地点なんて誰も分からないけど、岩手県の副知事が様子を見に来ることだけは正式にアナウンスされました。

県知事だろうが副知事だろうが、全員主催者なんだから、まず500円払って「ともしび作れよ。」って話ですね。
当日は八幡町には同じ瓶を持っている人が集まります、最高ですね。

明後日から「八幡ともしび横丁」ワークショップが明後日からまた始まります。
よろしくお願い致します。

八幡ともしび横丁ポスター
たかとし画伯作

もう限界です。
おやすみなさい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL