第1回八幡ともしび横丁

「毎日 八藝舘ハチゲイカン」

昨日の「第1回八幡ともしび横丁」に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。
皆さんの暖かい気持ちも優しさも本当に感じることの出来た素晴らしい時間になりました。
ここでは一人一人の名前を書いたりすることは出来ませんので、次回どこかで会った時にキチンと御礼は言わせていただきますね。
早く言えという方は、明日の13:00からともしび横丁で散らかった八藝舘の片付けに行きますので是非とも手伝いに来てくださいね。

今回のともしび横丁は第1回ということもあって、至らない点が多々あったと思います。
そんなことも皆さんの協力と優しい気持ちでなんとか切り抜けれたようです、本当に感謝です。
来年もこんなゆるい感じで行こうと思っておりますので、ずっと優しく見守っていただければ幸いです。

去年の11月の下旬から本格的にゆるく始まった八幡ともしび横丁も2月9日の当日までに作られたキャンドルは270個を超えました。
これもひとえに皆さんのおかげです、本当にありがとうございました。

僕も八藝舘をタダで開放して全くお金になるイベントではありませんでしたが協力してくれる人が1人また1人と増えていくのを見て、もう止めれないなとお金のことは諦めて前だけ向こうと決めました。だったら徹底的に他のイベントとの差別化をしようと思い、日本一優しいイベントを作ってやれとあめのゆみ らび先生と決めたのも懐かしいと思うくらい前のことのように思います。

来てくれるお客さんも主催者で、火事と事故さえなければいいイベント、もといNGが殆ど無い八幡町の冬の行事はこれからも脈々と続いて行きます。
来年はもう八幡通りの両側がキャンドルでいっぱいになります。
昨日はずっと火の番をしていたからゆっくりとキャンドルを見ることは出来ませんでしたが、みんなが来てくれたから別にいいやって感じだし、八幡町に住む爺ちゃん婆ちゃん達にすごく喜ばれて感謝された時に本当に泣けました。
本当にやって良かったって思えました。
だから来年も火の番をして、いつか来てくれるだろう松下奈緒ちゃんを待つことにします。

16:00〜20:00までの短い時間に集中してすごい人数が八幡町に来ましたが、事故や怪我や火事もちょっとしたトラブルも無かったのは、皆さんで防いでくれたんだと思います。本当にありがとうございます。

最後に僕の持っている数少ない写真の話をして終わろうと思います。


興奮し過ぎて久しぶりにえいえいおーっって叫んでしまいましたが、ここまでの達成感があったので不思議と恥ずかしくなかった (株) 盛岡八幡家守舎 代表 及川淳哉です。


記念すべき「八幡ともしび横丁」の歴史に残る第1灯です。

オマエ、これしか写真無いのか?って声が聞こえて来そうですがハイ、これしかありません。
最後の2枚だけは自分ので撮ってもらいましたが、他のは皆さんから勝手に拝借した写真です。
なぜならば、17:00〜19:30過ぎまでずっと真冬日の氷点下の八幡通りで火の番をしていて写真を撮る余裕もございませんでした。
でもご安心ください、#八幡ともしび横丁 と検索したら素晴らしい写真がたくさん見れますので。


あと、リッチなホームレスの写真です。


この写真はキングコング西野さんのオンラインサロン繋がりでわざわざ手伝いに来てくれた素晴らしい男達です。

そして最後の写真は、最後の最後に頑張った僕へのご褒美を神様が与えてくれました。
そうです、大好きな岩手朝日テレビの市橋アナウンサーがプライベートで見に来てくれました、最高ですね。

最後になりますが、本当に本当にありがとうございました。
これからも八幡ともしび横丁をよろしくお願い致します。

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL