久々ラドン岩盤浴

「毎日、八藝舘ハチゲイカン」

こんばんは。
Stay at home の呪縛も解けたことだしって事で1ヶ月ぶりにラドン岩盤浴に行って身体も心も健全になってきました。

最高の気分とコンディションなはずなので、自己啓発本によると明日の生産性は60%アップ間違いなしな株式会社 盛岡八幡家守舎 代表 及川淳哉 です。
ここはツッコマれても僕じゃないと逃げ切れます。どこにでも保険は掛けとくべきですね、職業病です。

今日の盛岡は暑いくらいだったので、久しぶりのラドン岩盤浴でも汗MAXで死ぬかと思いました。あまりの汗と苦しさだったので、ラドン岩盤浴終了後は久しぶりに露天風呂に入りましたが、それはそれで全くヤル気の感じられない流れ出す源泉の湯量と温度だったので、石の上に全裸で寝ていました。
あの場所だと注意喚起もヘッタクレもないので、思う存分開放感と爽快感を味わい尽くしてきました。全くザマアミロです。何の不満もありませんが。

ラドン岩盤浴も温泉も前回よりもお客さんの数が多かったです。安心してください、県内ナンバーの車ばかりでした。別に気にしちゃいませんが。
そんな事よりも、温泉に入っていた爺さんが痛いという言葉と熱いという言葉を連発していたので、心配になっていました。
神の心境の如くですが、さすがに爺さんの痛みは共有してあげることは出来ませんし、あのぬるい露天風呂を熱いと言っていたのには驚きでした。
僕が美味しいと思うラーメン屋さんをマズイという人の心境が初めて解りました。
爺さん、ありがとう。

今日みたいな天気だと、いつもは飲まないビールなんかも飲みたい気分になってしまいます。


岩手で採れた山菜や姫竹の天ぷら食べながらだったら最高ですね。今年はまだ山菜の天ぷら食べていないので、誰か一緒にいきましょう。ビール飲んで、その後に日本酒飲みながら山菜の天ぷら食べましょう。
余談ですが、日本のビールは苦いから4枚目の写真のビールかBUD LIGHT にしてください。

こんな勝手なことを書きながらいも焼酎を飲んでいるわけですが、春って本当に大好きです。
盛岡の春は何度も書いていますが日本一綺麗だと思っています。きっと死ぬまで思っているんでしょうね。春は三陸で揚る魚もそんなに美味しいのはないと思うので、やっぱり山菜だよ。
山菜食べて酒飲んでたら不健康になる理由がないもんね。

山菜でこのままいきそうなのでお知らせします。

今日もSNSでチェックしていましたが、Eyelash room 雅凪-かなぎ- は大忙しだったようです。
ありがとうございます。

今週火曜日だけは花巻のKirkas nail 本店から赤髪のユカリン高橋 ゆかり (Yukari Takahashi)さんがネイル担当で八藝舘に送り込まれてきますので、ネイルとまつげが一緒にできます。
雅凪-かなぎ- ホットペッパーで確認してね。

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000491086/

雅凪-かなぎ- のリクルート情報も書いときます。
ネイリスト若干名募集しております。
雅凪-かなぎ- を任されているアナザーちゃんこと高橋 ゆきえ氏のような前のめり過ぎるくらいの方か、Kirkas nail オーナーのYukie Takahashi氏くらいの本気さを持っている人であれば、後はチームKirkas全員で育ててもらえると思います。
本気でやってみたい。って方であれば問い合わせてみてください。

Kirkas nail 本店のホームページ
http://kirkasnail.com/

皆さんのチャレンジ待ってるよ〜
とは言っても、Kirkas nail も雅凪-かなぎ- もオーナー含め全員ママです。そうです、全員お母ちゃんなんです。
面接行って、休みは何日?とか、幾ら貰ってんの?とか、失礼じゃない範囲内で聞いてみてください。ビックリすると思います。

日曜日だし、昨日は散々好きなことも書けたので最後になりますが、昨日の続きでJohnny Thunders のことをもう少し書きます。
カッコいい生き様や Rocker だってことも全部書いたから、何で彼の音楽をこんなに好きなんだろうって考えてみたんだけど、彼の音楽は俗に言うパンクに分類されがちなんだよね。

でも、俺からすると、もちろん元祖パンクなんだろうけど、やっぱりアメリカ人が作った音楽なんだよね。パンクって言葉の響きがあんまり好きじゃないから言ってるかもしれないけど、どっか乾いた音だし、俺からしたらアメリカの近所の白人の兄ちゃんが演ってるブルースが流れていると思う。だってNew York Dolls はブルースバンドだし。
今日はこの件を突き詰めながらお酒を飲もうと思います。

では、また明日。

 

タワーズビル株式会社
株式会社 盛岡八幡家守舎
代表 及川淳哉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL